命。

1月17日は阪神淡路大震災から15年。
もう15年も経ったんだな。。。
今朝の新聞は地震で亡くなった方の遺族の方のお話とか
当時の写真や出来事がたくさん載っていました。
涙なくしては読めませんでした。
娘の学校でも先週は命の授業があって、それの参観もありました。
命の大切さを再確認する日でもあります。

命の大切さを考えなければならない、子供達に伝えていかなくちゃならない。なのに・・・
最近、身近な人が自ら命を絶ってしまいました。
奥さんととてもとても立派に育っている子供達を残して。
体のこととかその他諸々、とうてい他人の私たちには考えられない苦しみがあったのでしょう。

私は自ら命を絶ってしまうなんて一番やってはダメなことだと、娘にも教えています。
その人がそうしてしまったことも、許せないような気持ちになります。
でも・・・
生きているのがとても辛くてしんどくて、先が見えなくてそうしてしまったその人は
ちょっとは楽になれたのかな。
その人にとってはそれがベストな選択肢だったのだろうか。
生きていればなんとかなる、苦しくてもがんばれば、命が一番大切なもの。
そうは思うものの、どうにもならなくて その人が楽になって天国にいけたのなら その人にとってはよかったことなのか・・・
わからなくなってきます。
お通夜とお葬式の合間を縫って、おばあちゃんの介護のお手伝いを少しだけしてきました。
去年の12月にくも膜下出血で倒れて手術をしたおばあちゃん。
97歳だけど、少しずつ回復しています。
自ら命を絶ってしまう命と、高齢でもリハビリしながら頑張る命。
両極端の二つの命を身近に感じ、色々考えていたら、昨夜は寝られなくなっちゃいました。

それでも私は「命」があることのありがたさや、大切さを娘に伝えていきたいと思います。
[PR]
by bonheur-voile | 2010-01-18 08:32 | life